シンガポール漂流生活

シンガポール人と結婚し、マレーシアに住み、年に150日旅行する、怪しいおじさんの生活や、旅行記など

Pasir Ris Parkで夫婦キャンプ

最近たいした事をしていなかったので、ぜんぜんブログを書けずにいました。雨が多いので、遠出する気がなくなるのです。

 

しかしこんな事ではいけないなと思い、先週の火曜日に、久しぶりに奥さんと二人でキャンプに行ってきました。前回はイーストコーストに行ったのですが、今回はPasir Ris Parkのキャンプ場へ行ってきました。

f:id:yangpingsan:20210417120901j:plain

 

6、7年前に一度だけ奥さんとそこでキャンプをしたことがあるのですが、私はあまり記憶になく、奥さん曰く、楽しかったけど大雨が降ってテントに水が入りまくって大変だったそうです。

 

今回も天気予報は雨だったので、今日は延期したほうがいいんじゃないかと言ってみたのですが、そんなの行ってみないとわからないじゃないみたいな反応だったので、行ってみる事にしました。

言われてみると、たしかにそうだよな、たまには良い事言うなおれの奥さん、と思いました。

続きを読む

おれは妄想をやめるぞ

さて今月から私の脳内で妄想しない月間が始まりました。

 

妄想しない月間とは、文字通り、できるだけ妄想をしないようにする一ヶ月間です。みなさんも良いチャンスなので私と一緒にやってみませんか。

 

f:id:yangpingsan:20210405124801j:plain

 

なぜこんなこんな事になったかというと、パンデミック以降に始まった人間関係のイライラやストレスが、1年経った今も依然としてなくならないので、とうとうリーサルウェポン(最終兵器)として「妄想」を禁止するに至りました。

f:id:yangpingsan:20210405123144j:plain

 

前に草薙龍瞬という若い和尚さんが書いた反応しない練習という本を読んだことがあるんですが、たしか彼が言うことにゃ

「人間は一日に何千個、何万個という妄想を生み出している。そしてそれがイライラやストレス、心を乱す元になっている」

そんなような事が書いてありました。

 

f:id:yangpingsan:20210405121911j:plain

続きを読む

ワクチン打ってる打ってる!

さて、今年も?ワクチンの季節がやってまいりました!

コロナワクチンをすでに打った人が、私の周りでもどんどん増えています。

 

シンガポールでは、コミュニティーセンターなどで受けられるみたいで、10分くらいであっという間に終わり、その後30分はそこで座って待機し、それから家に帰れるそうです。

ワクチンは2回打たなくてはいけなく、2回目はだいたい一ヶ月後くらいになるのだとか。

 

f:id:yangpingsan:20210331103628p:plain

 

私の直接の知り合いでワクチンを打った人は、まず40代の消防士さん。彼は一回目の摂取のあとですぐ風邪を引いたそうです。2回目は、何も起きなかったとか。彼の祖父母も、もう2回したが、摂取後の異常は見られなかったと言っていました。

 

次は医療関係の会社で働いている30代の友人なんですが、彼は2回目の摂取のあとに高熱が出て3日苦しんだそうです。1回目はなんともなかったとか。

彼の知り合いでも、何歳ぐらいの人かは知りませんが、2回目の摂取のあとに熱が出たという人が数人いると言っていました。

 

そして私が日本語を教えている学生さんで、60代後半の人が3人もいるんですが、彼らも最近1回目の摂取が終わりました。摂取後もとくに何も反応は出なかったようです。

彼らは高齢なので、彼らの友だちも半分くらいの人がもうワクチンを打ったようですが、摂取後に風邪を引きやすくなったり、疲れやすくなった人が数人いると言っていました。

 

あとはうちの義理の両親も1回目が終わりましたが、これもとくに反応は出なかったようです。

 

以上の人達は、みんなシンガポール人です。

続きを読む

北海道出身、作家、片岡翔

もう数週間前のことですが、ある日突然、日本から郵送物が1つ届きました。

開けてみると中には2冊の本が! 

f:id:yangpingsan:20210321213323j:plain

 

これは、なにを隠そう私の最も才能あふれる友だちの一人、映画監督であり、脚本家であり、小説家でもある、私の古い友人、片岡翔くんが書いた本でございます。

私がまだこの2冊を読んでない事を知った片岡くんが、わざわざ送ってくださいました。ありがたき幸せ

 

片岡君とは、私が20代のときに札幌の円山動物園内にあったキッドランドという遊園地で一緒にアルバイトをした仲です。一緒にローラーコースターなどを操作したりしました。

f:id:yangpingsan:20210321214837j:plain

 

平日は1日の客が数人しかいないときもある、とてもヒマなバイトで、ある男の子が1人で乗ったときに「これほんとに安全なの!?」などという愚問を投げかけてきたので、安全バーを下ろしながら「大丈夫。去年は2人しか死人が出てないんだよ」などと言って子供を恐怖のずんドコに突き落として2人で笑ったりしたものです。

 

そんな片岡君も、映画監督を目指して上京し、今ではなかなか有能な映画監督、脚本家、そして作家になりました。

f:id:yangpingsan:20210322095445p:plain

続きを読む

はたして似てるの似てないの

先日、突然妹からLINEでメッセージがきたので、何かと思ってみてみると

「ブンちゃん(私の甥)がこの人ヤンピンおじさんに似てるって言ってる」と書いてありました。

そしてその人の写真が添付してあったんですが。

 

f:id:yangpingsan:20210319220958j:plain

 

誰? っていうか髪が長くて髭が生えていると全部わたしなの?

自分ではちっとも似てないと思うのですが、甥がそんな目で私を見ているんだなという事がわかってちょっと興味深かったです。

 

そのあと妹の旦那さんが、俺はこの人がヤンピンさんに似てると思うよと送ってきたのが。

 

f:id:yangpingsan:20210319221249j:plain

 

マジか!この人は知ってるよ!M-1グランプリに出てたコメディアンだ。

髭もないし髪も長くないけど、目が大きいからかな、そうなのかな。

彼にはこう見えているのなら、これまた興味深いです。

続きを読む

またもやキャンプに行ってきた

この間、自転車でキャンプに行ったよという記事を書きましたが、次の週になんとまた同じ所にキャンプに行ってきました。

しかし自転車で行くと、荷物を持って17km走らなければいけないので、今回はMRTバススケボーで行きました。

yangpingsan.hatenablog.com

 

誰の参考にもならないと思うのですが、個人的な記録のために行き方を書きましょう。

 

まずMRTでTanah Merah駅に行きます。

駅前のバス停から1445番のバスに乗って、Eastwood Center前のバス停で降ります。

それからBedok Food Centerで軽く腹ごしらえをしたのち、少し歩いてGuards Avenueという道に入り、小さな運河沿いを歩いて南下します。

そのままPark Conectorをずっと歩き、地下道を歩いてECP(高速道路)を超えれば、そこはEast Coast Park/エリアGです。

f:id:yangpingsan:20210319110102p:plain
f:id:yangpingsan:20210319110056p:plain

 

Bedok Food CenterからエリアGまでの道のりが2kmちょっとあるので、私はスケボーを持って行ったというわけです。

f:id:yangpingsan:20210319111552j:plain

続きを読む

おばあちゃんがコーラを2本も飲む理由

先日ちょっとショッキングな事がありました。
 
あるコピティアムで、一人で昼ご飯を食べていたら、向かいの席にすごく痩せていて歩くのもやっとな感じの80歳くらいのおばあさんが座りました。
私はとくに気にせずに食事を続けていたら、コピティアムのスタッフがおばあさんの所に缶コーラ2本と、氷の入ったコップ1つ、そしてお湯、さらにカヤバタートースト2人前を運んできました。

f:id:yangpingsan:20210307212436j:plain

 

きっと旦那さんか友だちでも来て一緒に食べるのかと思ったんですが、どうやらそうではなく一人で食べるご様子
こんなに痩せてんのにこんな物をこんなに食うんかい!とショックを受けながら、すこし観察していたのですが、しばらくしておばあさんのお友達が通りかかりました。 続きを読む

シンガポールで5年ぶりのキャンプ

先週の平日にイーストコーストキャンプしに行ってきました!

一人で。自転車で。

シンガポールで最後にキャンプをしたのはもう5年くらい前だと思うので、本当に久しぶりでした。

 

シンガポールのキャンプ場は事前にキャンプの申請をしなければいけません。

シンガポール国民とPR(永住者)は無料でできますが、他の外国人の方についてはよくわかりません。

申請はインターネットでして、それを街中に設置されているAXSというマシーンでプリントアウトし、その印刷した紙を常時携帯しておかなければなりません。

 

ときどき警察や、公園のスタッフが確認しにきます。

今回は誰も来ませんでしたが、ずっと前のキャンプでは、真夜中の3時くらいに警察にテントをノックされた事があります。撃ち殺してやろうかと思いました。

 

キャンプ申請のページ↓

Redirect App Flow

f:id:yangpingsan:20210304124547j:plain

 

申請はしたものの、当日になっても本当に行こうかどうか迷いました。

なんせ私の家からイーストコーストのキャンプ場Gエリアまでは17Km。これをテントやらなにやら重いものまですべて、一人で自転車で持っていくんですから。

f:id:yangpingsan:20210304224720p:plain

続きを読む