シンガポール漂流生活

シンガポール在住歴12年、日本語教えたり、絵描いたりして、なんとなく生きてます。

山咲千里とジョギングについて

今朝シャワーを浴びてるときに、ハッと気づきました。

 

そういやずっとブログ書いてないな!

 

思い出したが吉日ということで、さっそく何か書きます。

そうですね~。

 

・・・・・・

 

・・・・・・

 

ソーダ!(炭酸)

 

そういえばこのあいだネットで偶然、山咲千里さんを見つけたんですが、ものすごい整形してて昔の面影がぜんぜんないんですよ。

 

 

 

 

 

 

これじゃねえ!!

 

 

こっちでした。

 


アイヤ―――!

千里たん・・・(´;ω;`)ウゥゥ

 

昔はあんなに整った自然なお顔だったのに。

 

 

もしかしたら前のお顔も少し整形してたんでしょうか。自然過ぎて全然わかりませんが。

続きを読む

シンガポールで歯を抜いたっていう歯無し

もうすぐCNY(チャイニーズニューイヤー)です。

日本人の友人が「チャイニュー」と略しているのを聞いて、ちょっとだけ卑猥な印象を受けました。これは私が男性だからでしょうか。正確には、私が下衆な男だからでしょうか。
何でも4文字にしたがるんだなと思ったんですが、グレートワールドシティーは「グレワ」と呼んでるみたいですね。高島屋も「タカシマ」とは呼ばみたいですし。

 



さて、去年の11月くらいから歯医者に通うはめになったんですが、先週ついに感動のフィナーレを迎えました。


最初はRoot Canel(根管治療)になるかもしれないと聞かされていたので、ルートキャネルってなんやねん。田代マサシがいたグループか?とか思ったんですが、調べてみると、なーーんだ俺日本で何回もやってるわ、いわゆる神経抜くってやつね、はいはい、たしか数千円、高くても一万かそこらだったよな、とすでに日本で経験済みだとわかりました。
しかし日本でやったのは保険診療

ここシンガポールでは全て自費診療になります。


イヤな予感を胸に、現地価格を調べてみると、案の定滅茶苦茶高価な治療じゃあーりませんか!案定滅茶苦茶高価治療!

私のは奥歯なので、最低でも700ドルから1500ドルと書いてます。

あるシンガポール人の友達の場合は、結局2000ドル近くかかったそうで、これには私もびっくりして奥歯が飛び出そうになりましたが、結局飛び出ではくれませんでした。

 



ああこれは向こう一年麦飯を食わなくちゃいけないなぁと痛い出費を覚悟したんですが、NDCS(National Dental Centre Singapore)という所で検査してもらうと、これは根管治療はできない!抜くしかない!抜こう!一発ぬいてスッキリしよう!と若くて美人な女性歯科医師さんに言われました。

 

ということで根管治療ではなく、抜歯に決定しました。

 

噛む度に痛くて、いっそ無くなってしまえと思っていたので、抜くのには異論もなく、根管治療よりは安くすむだろと思ったので、ヤッタ\(^_^)/と思いました。

 

続きを読む

新年早々マレーシアのTCM(中国伝統医療)に行ってきた

あけましておめでとう世界中のみなさん!
2023年だ!

2023年がやってきたぞ!


村の人々が家から飛び出してきました。みんな手に鍬や鋤を持っています。
2023年はどこだ!?

その慌てた顔の面白いこと。羊飼いはクスクス笑いが止まりませんでした。

 


なんのこっちゃ!!

 


さて昨年はどんな年だったでしょうか。こういう事はたいてい、昨年の年末に振り返るものですが、ワンテンポ遅れて生きている私は今更ながら考えます。


去年は、シンガポールで新しい日本人の友達がたくさんできました。
夫婦そろってコロナになったおかげで、夫婦仲が少し改善されました。
久しぶりに日本に帰って、日本って良い所だなぁと生まれて初めて思いました。
自分はもう若くないと実感し、より一層健康を意識するようになりました。

 

なんて素晴らしい一年だったのでしょう。
今年もグレートな一年になるといいなおすけ

 



さて、ちょっと変なテンションから始まってしまいましたが
東洋かぶれの私は2023年も、TCM(中国伝統医療)からスタートしました。

 

昨年はシンガポールのティオンバルの裏手にあるTCMクリニックに通ってたのですが、せっかくマレーシアに行けるようになり、これからもけっこう頻繁に行きそうなので、JB(ジョホールバル)のTCMにも行ってみようと思いたち、正月早々奥さんと行ってきました。

続きを読む

ゲイラン2022.12.24 ~風俗とクリスマス~

先日のクリスマス・イブの夜に、ゲイ友3人とGaylang(ゲイラン)に晩ご飯を食べに行きました。

ねぇねぇ、ゲイだからゲイランを選んだの?と聞きたいところですが、まだゲイだとカミングアウトされてないので、そういう事は聞いたりしません。

 

晩ご飯を食べ9時半頃まで話してみんなとは別れ、一人で散歩がてらにGuillemard Rd沿いにある以前通っていた柔道クラブの建物を見に行きました。

クラブ自体は去年グレートワールドシティーの方に引っ越してしまったんですが、建物は依然としてありました。電気もついていなかったので、まぁいいやと思い、再びAljunied駅の方に歩きました。

 

そのときにLorong18(通りの名前)を通りました。

ここは殿方の間では言わずとしれた、置屋という日本でいうソープランドみたいな本番ありの風俗店の密集地帯。

しかしコロナでお店は営業できないまま2年以上が経ち、もう復活できないんじゃないかなという噂も立っていました(私の頭の中で)。

 

ところがなんといつのまにか営業再開しているじゃあーーりませんか!

ピンクのネオンと、店の入り口に座っている呼び込みのおじさんが懐かしい!!

続きを読む

オッサンは今年も裁縫で色々作りました

私は趣味がたくさんあるんですが、その中の一つが裁縫です。

最初はクタクタになったお気に入りのカバンなんかを使い続けるために、自分で繕ったりしてたんですが、そのうち財布やブックカバーなど小さな物を作るようになり、今ではカバンからパンツから何でも作ります。

今まで作った中で一番大きい物は、直径1.5mくらいのビーズクッションです。

 

 

しかもミシンが使えないので、全て手縫いで、アイロンなども一切使いません。

よくめんどくさくないねと言われますが、手縫いは一種のメディテーションだと思っています。居間のソファに座って、ラジオなんかを聞き流しながら3、4時間続けたりします。

40超えたオッサンの裁縫は、まるで受刑者の刑務作業のようです。

 

 

さて今年の10月から、また裁縫熱が出てきて、家にこもってチクチク色んな物を縫っていました。今年もこんな物を作ったよという記録に、少し紹介させてください。

続きを読む

今年最後のマレーシア小旅行

あっというまに今年も12月半ばになってしまいました。

四季のないシンガポールですが、12月はやはり少し特別な雰囲気が漂います。

特別というのは大事とか、感慨深いとか、そんな事ではなく、たくさんの人達があっちゃこっちゃへ移動しようとしててせわしないという事です。金のある奴は海外へ、ない奴はナショナルパークとショッピングモールへ、という所でしょうか。

 

周りのシンガポール人に人気があるのは、今年はタイが一番です。バンコク、プーケット、チェンマイに行った(行っている)友人がたくさんおります。

その次がジャパン!私の祖国なんですが、私の故郷、北海道ではなく、ほとんどの人が大阪、京都に行っているようです。10月まで鎖国していたので、みんな首を長くして待っていたんでしょう。

 

 

私はというと、先月末にマレーシアマラッカへ行ったばかりですが、今週もジョホール州のKulaiという小さな街に遊びに行って2泊してきました。

コロナが始まる前まで家を借りて2年ほど住んだ所で、友達が何人かいます。

 

バスを何回か乗り次いで3時間くらいで行けるので、もはや旅行とは呼べないでしょう。感覚としては東京から横浜に行く程度の移動です。交通費は片道300円くらい。

 

マレーシア以外に海外に行く予定は今のところありません。奥さんもあまり興味ないようですし、私も少し億劫です。

しいて言えば実はインドネシアに行きたいんですが、ワクチン未接種者はまだ入国できないと聞きました。まだそんな事にこだわっている国があるというのがまず驚きで、さらにそれが私がピンポイントで行きたい国だというのが2つ目の驚きです。

とりあえずマレーシアに行けるようになった事だけでも、本当にありがたい事なので、しばらくはそれで満足していなさいという事だと思います。

続きを読む

コロナ後初、2022年マラッカの旅

先々週、奥さんと二人でマラッカに旅行に行ってきました。

今年7月に日本に帰ったり、先月もマレーシアのJBに行ったりしましたが、日本は一時帰省だし、JBは日帰りだったので、今回がコロナ後初のちゃんとした海外旅行と言えるのではないかと思います。

なんだか以来初というのが、気持ちを一新させてくれるので、そう言ってみただけですが。

 

 

今回の旅程は一週間。いつもはバスを乗り継いで行くんですが、今回は行きも帰りもシンガポ―ル⇔マラッカの直行バスを使いました。値段はシンガポール発が28ドル、マラッカ発が20ドルでした。

前はシンガポールから公共交通でJBへ行き、JBのバスターミナルからバスでマラッカまで行ったので、値段は約15ドルで半額でした。その分時間も労力も割り増しですが。

 

バスの発着場所はBugis駅から徒歩10分の、Queens Street Bus Terminalです。

 

 

バスは707-incという会社ので3席シートのエアコンバスです。

 

 

平日の朝8時半に出発したバスは、シンガポールの東にあるTuas Checkpointからマレーシアに入りました。チェックポイントはガラ空きで、非常にスムーズでした。それからトイレ休憩が一回あり、マラッカに着いたのは午後2時過ぎ。ウェブサイトには4時間くらいで着くと書いてありましたが、結局5時間以上かかりました。

続きを読む

「ポリクリニック」シンガポールで最も安価な医療機関!?

去年の夏くらいから奥歯が痛くなり始めたのですが、痛みが治まったりもするので、歯医者にずっと行っていませんでした。

 

yangpingsan.hatenablog.com

 

だってシンガポールは歯医者がめっちゃ高く、通ってたらなんだかんだで10万、20万くらいかかったという話もよく聞きます。

そんな金があるなら昆虫図鑑のセットでも買いたい私は、自分の自然治癒力を信じて、歯痛なんて知らんぷりんで今の今までやってきました。

しかし先日、私と同じPR(永住権保持者)の日本人の友人が、歯痛でポリクリニックに行ってきたというのです。

 

シンガポールの医療機関は、私立国立(政府系医療機関)に分けられ、ポリクリニックは政府系の医療機関で、正式名称はNHGP(National Healthcare Group Polyclinic)といい、シンガポール国内にはおそらく10以上あり、私が住んでいるポンゴル地区にも1つあります。

 

 

政府系は私立に比べて、医療費はうんと安いのですが、シンガポール国民PRにはさらに政府補助金も給付されます。

PRは国民よりも補助金は少ないみたいですが、それでも外国人は一切もらえないということを考えればありがてえ話です。

シンガポール国民が私立系の開業医などの診療を受けた場合、政府系の診療を受けた場合の治療費の約20倍くらいかかると聞いたことがあります。

それならシンガポール国民はほぼみんな迷わず政府系に行くだろう、と思いきや、政府系は安価なゆえに人気があり待ち時間が相当長く、予約もなかなか取れないので、お金がある人は手っ取り早く私立の方に行き、庶民には考えられないような金額を払うんだとか。

 

続きを読む